2010年05月28日

<除虫菊>初夏の風に揺れ 見ごろ迎える(毎日新聞)

 小豆島町谷尻地区の畑で除虫菊の白い花が見ごろを迎えている。

【写真特集】季節の美しい草花を写真で 毎日植物園

 かつて島の初夏の風物詩だった除虫菊。高齢化・過疎化で耕作放棄地が多くなった三都半島に復活させ、観光再生につなげようと、同町の蒲野、南蒲野、吉野、神浦地区の自治会(約200世帯)でつくる「三都をよくする会」(太田義行会長)が昨年8月、苗1200株を植えつけ、草抜きや水やりなどの管理をしていた。除虫菊はキク科の多年草。殺虫成分ピレトリンが含まれ、戦前、殺虫剤の原料として県内などで栽培された。小豆島では最盛期の1935年ごろ、島の耕地の4分の1にあたる約200ヘクタールで栽培されていたが、70年代に化学合成殺虫剤(合成ピレトリン)が開発され、次第に栽培されなくなり、91年に蒲野の中岡益子さん(89)が約4アールの畑で咲かせたのが最後という。

 内海湾を見下ろす約12アールの畑では、真っ白い除虫菊の花が初夏のさわやかな風に揺れる風景を、訪れた人たちが写真に収めていた。【秋長律子】

 2010年5月21日 香川版

【関連ニュース】
【写真特集】愛らしい鳥の姿を 毎日動物園・鳥類別館
【写真特集】ハッブル望遠鏡がとらえた宇宙の神秘
【写真特集】都心ではこんな光景もありました チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本(10年3月)
【関連記事】ナンジャモンジャ:瑞浪・神明神社で満開 雪が積もったような幻想的風景

かすむ明石海峡 神戸などで濃霧(産経新聞)
高速料金 「上限千円」廃止の反動懸念(産経新聞)
テレビはないがワンセグあり 実は受信料払う必要がある(J-CASTニュース)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
四国から東、大雨警戒を=西日本では土砂災害も―気象庁(時事通信)
posted by ナカイ カズユキ at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

<宝くじ販売権譲渡詐欺>被害数百万円、容疑の男逮捕へ(毎日新聞)

 譲渡が禁止されている宝くじ販売権の売却話を持ちかけ、現金数百万円をだまし取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課と麹町署は24日、宝くじ販売会社経営の男(48)に任意同行を求め、詐欺容疑で取り調べを始めた。既に逮捕状を取っており、容疑が固まり次第逮捕する。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 捜査関係者らによると、男は埼玉県内や都内などで複数の宝くじ販売所を経営している。09年にこのうち1店舗の販売権を1000万円で譲渡するとした契約を結び、知人から数百万円をだまし取った疑いが持たれている。

 刑法187条は宝くじの発売を禁じているが、当せん金付証票法(宝くじ法、1948年施行)に基づき、国に許可を受けた都道府県や政令指定都市による発売は認められている。発売業務などは自治体に申請した銀行など金融機関に委託できる。さらに、自治体の承認を得て金融機関から再委託を受けた個人や企業が宝くじを販売できる。しかし、販売権の譲渡は宝くじ法などで禁止されている。

 現在、自治体から発売業務を受託している金融機関はみずほ銀行だけ。捜査関係者によると、男が経営する会社は、みずほ銀行から販売を再委託されていた。同課は資金繰りに窮した男が、禁止されている権利譲渡を知人に持ちかけ、数百万円を詐取したとみている。

 宝くじの販売権を巡っては、全国販売権が一部開放されたとして、預託金10万円と加盟権利金400万円を支払えば販売権を得られると勧誘する詐欺未遂事件が起きており、みずほ銀行がホームページなどで注意を呼びかけている。

【関連ニュース】
みずほFG:8000億円の増資実施 3会長の一斉退任も
<宝くじ>事「発売停止を」 事業の無駄、改善できるまで 業仕分け第2弾
宝くじ:収益が天下り法人に 年360億円超
高島礼子:西田敏行と“一戸建て”の城に ドリームジャンボの新CMで共演
事業仕分けで奮闘、寺田議員 日本宝くじ協会「支出先のほとんどに天下りがいる」実態つかむ

映画批評『花のあと』
雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
薬事法違反容疑で無職男逮捕=「RUSH」4000万円売り上げか―警視庁(時事通信)
空港需要予測、外れてばかりで見直し判定(読売新聞)
posted by ナカイ カズユキ at 09:52| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

ニセの障害者手帳で高速料金を不正割引(読売新聞)

 偽造した障害者手帳を使って高速道路の通行料を不正に割引させたとして、大阪府警警備部と此花署などは10日、「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(大阪市西区)の組合員10人を偽造有印公文書行使と詐欺容疑で逮捕。

 同支部や組合員の自宅などを捜索し、偽造手帳11通を押収した。

 兵庫県たつの市龍野町中村、トラック運転手上川里美容疑者(45)ら10人。発表によると、上川容疑者らは昨年12月〜今年4月、それぞれ乗用車で名神高速や阪神高速などを利用して作業現場に向かう際、料金所で偽造手帳を提示し、正規の通行料の半額に減額される障害者割引制度を計46回悪用し、計1万8890円の支払いを不正に免れた疑い。

 調べに対し、7人は「交通費を浮かすためにやった」などと容疑を認め、3人は「今は言いたくない」と話しているという。

 押収された偽造手帳には神戸、姫路両市の偽の公印が押されており、一部は発行年月日や識別番号が同じだった。府警は、何者かがパソコンなどで障害者手帳を偽造、組合員間で複製していた可能性があるとみている。

種子バンク 保存50万種突破 北極凍土で運用2年(産経新聞)
多摩川 アユの遡上ピーク(毎日新聞)
たちあがれ日本、中畑氏の擁立発表(産経新聞)
米軍訓練 全国分散、混乱拡大へ 普天間移設 決着先送り確認(産経新聞)
「迷子」→「拾得物」→「脱走」…お騒がせクジャクを再捕獲 千葉県警八千代署(産経新聞)
posted by ナカイ カズユキ at 03:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。